スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- //
麹myブーム
今、ものすごく麹にはまってます。

今年1月の中頃、
「きょうの料理」で塩麹なるものを目にし、
即、講師の先生の麹屋さんへ飛び、塩麹のボトル3本を通販購入。
便利アーンド美味しい♪ あっちこっちで布教活動(笑)

そうこうしてるうちに、世の中もすっかり塩麹ブーム。
麹はあっというまに品薄状態。今度は自家製しようと生麹を注文したが
届いたのは1ヶ月たってから。

で、3月下旬に届いた生麹を使って
「だし麹」「塩麹」「甘酒」を制作。
ごまたっぷりの「だし麹」は作ってすぐ使えるので出番の多いこと!
甘酒は「ヨーグルトメーカー」を使い、麹オンリーで8時間。つぶつぶが苦手な家族のために、出来上がりをさっとフードプロセッサにかけるのが我が家流。
で、仕込んで10日たった「塩麹」が本日いい感じに。しょっぱ旨い〜。

なんだかとっても豊かな気分になっている。
JUGEMテーマ:塩麹

comments(0) //
まだ使えそうなんだけどなあ
流しの蛇口。

築21年の我が家にずっと最初っからついてたもの。
先週あたりからお湯がでなくなった。もっとも水はでる。
つまりレバーをお湯側に回すと出てこず、お水側に回すと出る、ということである。

こんな大きな問題は初めてだし、お湯がでないとちょいと困るので修理を依頼した。
お湯と水の分岐をする部分に問題があるということだった。が、修理するにもそこに関わる部品がもうない、とのこと。

なので全取替になってしまった。
まだ使えそうなんだけどなあ。20年過ぎるとこういうことが起きるのか。ちぇー。
いままでほんとにご苦労様でした。ありがと!

comments(0) //
麹部・活動報告(1)
甘酒作成中。

生麹が2kg手に入ったので、友人と半分こに。2人で麹部を結成しました(^o^)/

私の作る甘酒はご飯を使わず生麹だけ。しかも「炊飯器で作る」のが一般的だが、めんど臭いので温度&時間管理が簡単なヨーグルトメーカー使用。
昔々流行ったカスピ海ヨーグルト時代の遺物が去年から大活躍(笑)

友人も自家製甘酒を飲むと腸の調子がいいのでヨーグルトメーカーを買ってきたそうな。
お疲れな面々にぜひすすめたい。

朝ごはんは塩麹で味をつけた雑炊にしました。

食欲がない朝も食べられるし、あったまるしお腹にもいいし。
油揚げとニラと卵がはいってますので、主要栄養素もとりあえずクリア。
JUGEMテーマ:塩麹

comments(0) //
麹部・活動報告(2)
「生麹だけの甘酒ってどうやって作るの?(ご飯は使わない)」と聞かれましたので、レシピをあげときます。
といってもそんな厳密なものでなく、しかも私は道具頼みなので参考になるかどうかは不明。
とりあえず「毎日飲みたい」という家族のニーズには応えられてます(^^ゞ

<用意するもの>
生麹:1回量 300g〜400g
(我が家は生麹はまとめて買って、300gぐらいづつ小分けにして冷凍してあります)
お湯:50℃位にしたもの(指を入れてかろうじて我慢できる程度)
ヨーグルトメーカー:60℃ぐらいまで温度調節とタイマーがついてるもの
*小鍋
*フードプロセッサー

<作り方>
1)生麹を手で擦るようにしてほぐしヨーグルトメーカーの容器に入れる。
2)お湯を、容器の生麹より1cmぐらい上になるぐらい入れる。
3)ヨーグルトメーカーの温度を55℃ タイマーを8〜9時間に設定してスイッチオン


4)出来上がったら、小鍋に移して沸騰させる=発酵を止める。
5)鍋の温度が下がったらフードプロセッサーにかけてつぶつぶをなめらかにする(熱いままかけないこと)

4)5)はしなくても大丈夫です。そのかわり冷蔵庫保存しないと発酵が進んで味は変わらないものの黄色っぽく妙な匂いになります。(それはそれでいいという人も有り)
つぶつぶのままおかゆさんみたいにして食べる人もいます。
味が濃ければ飲む時にお湯や牛乳を足して飲みます。
子どもたちがいうには「よく寝られる」とか「腹の調子がいい」とか「落ち着く」とか「疲れが取れる」とか (^^)
JUGEMテーマ:塩麹

comments(0) // 1年前何してた? //
気楽に天ぷら♪
あたしはものすごいぶきっちょでおおざっぱなめんどくさがりであります。

そんな奴に天ぷらを作らせるとひでーことになります。
本人も自覚してるので天ぷらを揚げねばならぬ局面に立たされた時にはものすごい緊張感で逃げ出したくなります(^^ゞ

が、この頃
蕎麦とかの麺類の献立のときは気兼ねなく残り野菜で天ぷら作ります♪
「あんた、天ぷら上手ねえ。おいしい」とお婆さまにほめられたりします。

そうです。
それは天ぷら粉界における革命の賜物なんでございます。
天ぷらの衣を作る際の「気遣い」は一切無用。
ただ分量の粉と水を混ぜてがーっとクリーム状になるまでかき混ぜるのみ! 猫にでも猿にでもアタシにでも出来る!
そしてほどほどに旨い!(そりゃお上手な人に言わせればひとつふたつの文句はありましょうけどさ)


ありがとう! 「コツのいらない天ぷら粉」!「昭和の天ぷら粉」! そしてパルシステムの天ぷら粉さえ!

comments(0) //
八重の桜めん
掃除掃除掃除。
朝からどよどよと雨で暗くて湿気がすごい。

JRのキャンペーンで桃ジュース飲んでHPから応募したらみごと当選したそうな。

茹でたらキレイな桜色で、結構コシもありボリュームもある。天ぷらとこれでお腹いっぱい。美味しかった〜。

comments(0) //
◯◯がたくさんあるとき〜
大根がたくさんあるとき〜、あるとき〜
「大根餅」

人参がたくさんあるとき〜、あるとき〜
「しりしり」 「ゆうやけごはん」

白菜が、、、(飽きた。ヘ(__ヘ)☆\(^^;
「ケチすき焼き」

レタス
「ばりばりぺったん」
※レタスを洗ってざっと水気を取ったら(むしろやや水気を残す)、バリバリっと一口大に手で割いて、片栗粉とベーコンの千切りを混ぜる(ハムでもウインナーでも)、それをフライパンにぺったんと薄く広げてお好み焼きのように焼く。
レタスの外葉ごといける。目玉焼きの付け合せに。

comments(0) //