スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- //
空回り

少女時代に胸に刺さった刺はみんな自力で抜いてしまったはずなのだが。
そんな昔の傷がいまごろ痛むはずもないんだが。

いまだそんなセンチな気分で涙がでる自分が可笑しい。

comments(0) //
自分に言い聞かせる
初盆に父はわざわざ出かけたはずだが。盆供養も持参したはずだが。
アタシも夏休みの旅行に不参加で、3日間の料理を作り祭り接待したはずだが。
それなのに、嫁実家のことはまるっきり無視?代理人も無し? 酷くない?
・・・と訴えたら、またきっと気狂いのように荒れて妄言暴言を吐きまくるのだろうと想像できるので、その後始末のほうがめんどくさいのでもうなにも言わない。
だから「身内」じゃないんだってわりきりゃいいだけだ。

amazonから本が届いたので、他のことみんなほっといて読みふける。
「戦後のエンペラー」の原作本その他。青池保子の「修道士ファルコ」が新作連載開始になったようだ。また楽しみである。ストレス解消に楽しい本の読書はとても効く。

半沢直樹、放送は世界陸上でお休み。
・・・スポーツ放送はみんなBSとかでやってほしい。こんなにチャンネルあるのに、わざわざ地上波でこんなに長々やる意味がわからん・・・・と野球ファンじゃない人たちにも言われてるんだろうな、と(^^ゞ

そして夏休み終了。やること思うことが多すぎて今回はあっという間に過ぎた。
年末の家族忘年会旅行を楽しみに後半頑張るべ!
夕食後、駅まで送る。

comments(0) //
それから
ベトナムに行ってから一ヶ月後。
アタシの中にぎりぎりまで貯まってたマグマはついに膨れあがり大爆発。
そのあと3ヶ月の間、小噴火を繰り返し、2.3回はまた爆発し、噴火しないでも絶えずぶすぶすと噴煙を上げているといったような状態。
朝から晩まで頭を離れぬ。
そんな自分にもほとほと嫌気がさして。

でそんなこんなのある日、「ようかいごいち=要介護1」と入力したら、なんと「妖怪吾一」と変換され大笑い。
そうか宇宙人でも仙人でもなく、妖怪だったのか、と納得。ヘ(__ヘ)☆\(^^;

大事な大事な「遊び心♪」
忘れてたのを思い出させてくれた。

・・・もう頑張りません。
・・・自分から気を回すのはやめます。
・・・頼まれたこと(対外的なこと)だけ一生懸命やります。

これからはそういうスタンスでいきます。あしからず。

comments(0) //
いい服
着る服がないというので(本当は部屋にトラック一杯以上ある)
しょうがないのでとりあえず、実母の形見分けしてもらった服を着せる。

で、急いで近所の「しまむら」でいろいろ買ってきて2,3回分整える。
ディにいくので、ちょうど着替えるのに、その買ってきたのと取り替えようとした。
「着替えてください」というと、
「まだ汚れてないから脱がない。このままでいい」だってー。もうすっかり自分の物。

・・・
ほんとに着道楽でおしゃれだった実母の服は、数はさほど無いけど、生地もセンスもブランドもいいし、それをきちっと手入れし収納してあったからとてもきれいな状態だった。
形見分けのものは20代の娘が着れるのもあるほど。

同じく洋服が好きとはいえ義母はとにかく「安いことに価値がある」という人で、元々の服のレベルが劣る。それをさらに畳まない整理もしないクリーニングもしないほったらかし、なので、あっという間に生地が傷んで黄ばんでダニの住処。数は多いがろくなものは殆ど無い。それが自分でもわかっているから「(アタシさんに全部捨てられたから)着る服がない。」というのだ。悪いのはいつも他人。

で、実母の服はよっぽど着心地がよかったんだろう。
1週間脱がない、返してくれない。
もし、万が一、
「この服はどうしたの? そんな大事なの着てていいの?」とか一言でも言ったら考えたかもしれないが、
着せられた瞬間感謝の一言もなく「これは当然自分のもの」と思うような人にあげるのは絶対イヤなので、旦那に取り返して来てもらった。
そもそもそういう気遣う言葉を発するする人だったらアタシは爆発しない。
で、即クリーニングwww。


この件はそれでケリがついたと思ったら、今日
「この前返した服は間違ってたみたいよ。この赤い方でしょ?」と、袋にいれた服を持ってきた。
アタシは最初意味がわからないのでなんのこっちゃいと思ってたのだが、
要するにどうしてもあの実母の服が欲しいんだ。
それで別の服を持ってきて、それと取り換えようとしてるんだ。

・・・こういう人なんですわ。
見て見ぬふりしてましたが、実はもう何年も前からなんですわ。

comments(0) //
買いだめ
安いからって大量に買いこんで戸棚にしまって、それを繰りかえすから収納棚が増えて部屋が使えなくなり、ところが在庫管理ができないから使わずに腐っていくものばかりになり、今度はそれをごみ処理するのにお金払って、、、。

これほどもったいないお金の使い方はないな。
金持ちの考えることはよくわからん。わかりたくもない。

comments(0) //
動けばいいじゃない
内臓的数値も実に良好で、脳も認知症とかの症状は見られない。
体に現れる不都合はすべて「気(精神病)のせい」と「動かない」ことによるもの。
体を動かせといわれてるのに、な〜んもせず、ずーっと座ってテレビ見てて、だから腰が痛くなってそれで横になって、横向きのママうごかないから体の片方だけむくんじゃって。

「少し体をうごかしたらどうですか」といったら
「ちょっと動いただけですごく汗をかく」とのこと。

努力しようという気持ちも見えない言い方にちょっとイラッとしたので
「汗かいてもいいじゃないですか、その都度着替えれば。
朝起きたらパジャマから着替えて、せっかくきれいにしたんですから洗面所行って顔洗って身仕舞いをして、
すこし室内を歩いたりして。それでまた夜はちゃんと着替えて寝る、とかそんな日常のことで十分運動になるんですよ」
つまりはね、“あなたはこれぐらいの基本的なこともしてない”って言いたかったわけなんだけど。

「だって少し動くと汗びっしょりになる。動けない。歩けない」「自分はすっかり弱っているんだから言う通りにして」と。それの繰り返し。

ええ、ええ。アタシがバカでした。どうぞ好きな様にしてください。

方法も技術もいくらでもあるんだが、
アタシを基本信頼してないし、そもそも家に入れてくれないし、忠告は聞かないし。
・・・他人のアタシがしゃしゃり出る場面はないってこと。

comments(0) //
母の日
「母の日の贈り物は新茶が一番嬉しい」と言われたので、それならばと、毎年鹿児島茶の美味しい店から新茶を買って、そしてそれになにか一品プラスして贈っていた。

この間ゴミ屋敷部屋を少し片付けたのだけど、その中の古新聞束や着なくなった洋服の間から、毎年贈ってたその新茶の箱が全く手を付けられた形跡の無いまま5箱出てきた。気が付かなかったのも含めればまだあったのかもしれない。
そういえば、おすそ分けしたタンカンも腐ってテーブルの下に転がってたし
美味しいうどんも袋にはいったままカビてた。

そうか、要らなかったのか。

ので、もうプレゼントもおすそ分けもしないことにした。
そもそも「義母の日」は別にあるらしいしねw

comments(0) //
キレてな〜い
「そんなにお気に召さないのなら、これからはご自分でなさってください」と
アタシが整えた服やら下着やら鞄やらをみんなゴミに捨ててやろうかと思ったが、
もう完全にブチ切れたっ!! と思ったが、
まて。そうか、堪忍袋の緒はなんぞとっくに切れてるんだった、もうキレようもないんだった、と思い直す。

・・・・気を紛らす魔法の言葉 「妖怪吾一、妖怪吾一」・・・・

今週末は通院もある。(-_-;)

comments(0) //
バスタオル
今日は入浴看護の日なので
浴槽を洗って お湯を張って
部屋を掃除して
着替えをセットして
一旦家に戻る。

で、看護師さんが来た時見たら 
かごにセットしておいた着替えに、アタシがかけておいたバスタオルとは違ったバスタオルがかかっている。
「あれ? 茶色いのをかけといたはずなんだけど、どこ行った?」
と半分ひとりごと的につぶやいたら
「これかしら?」と看護師さんが床から拾い上げてくれた。なぜにこんなところに?

すると
「その茶色いのは化繊なので水の吸い込みが悪いからいらない」だって。

(-_-;) バスタオルが化繊〜? 吸い込みが悪いって今までずっと使ってたやつでしょうが。
ま、要するにアタシのしたことになんかいちゃもんつけないと気が済まないのであろうて。
「え〜?(タグを見る) 綿100でしかも日本製ですが?」
「そう?」
ま、いいや。彼女が用意したのに変えとこう。

つまりは、脱衣所に用意してあったバスタオルを自分で確認して、バスタオルを取って床にぽいってして、また部屋に戻ってお好みのバスタオルを取ってきて、かごの上にかぶせたと。

ま〜、よく体が動きますことwwwww

看護師さんが「大変ねえ(苦笑)」と同情してくれたのでちょっと報われたかも(^^ゞ

comments(0) //
ジャロ
かかりつけの先生に「歩けなくなったから家に来てほしい」と訴え、
病院で方々に「歩けない動けないなにもできない」アピールをし、
訪問の入浴看護で何回も「浴室で立ちあがれない」「浴槽の縁をまたげない」状態になった。

で、それをかなり深刻だと受け止めた看護師さんが
「自宅での入浴はもう無理かもしれない」とケアマネージャーさんに報告し
それならば
「これから暑くなるし、6月から設備の整ったデイサービスの回数を増やしてそこで入浴ということにしましょう。筋力をアップする運動もできますから」
と、今日(月一の本人交えてのケアマネ打ち合わせで)そういうことになった。

実は、、、。
歩けない動けないどころか(もちろん高齢者的な不自由さはあっても)
病院から家まで(500mぐらい)一人で押し車使いながら帰るし、シマムラに買い物にいくし、トイレは間に合うからおむつしてないし、散らかってる部屋を上手に移動するしw という状態。
要介護3だった実母がちゃんとアタシの介添えだけで自宅のお風呂入ってたのにふざけるなという気分でもある。

ま、要するに「体弱ってるんだからなんでもかわいそうなわたくしのいうことを聞け」ということなわけで。
努力はしない自分はなにもしない周囲が色々やってくれるのが当然、感謝?なにそれ? というお姫様気質。

んで、そんなお姫様なので、自分の思う通りにならない(行動できない)デイサービスが大嫌い。
しぶしぶ週一回行くには行くが、
「スタッフが金品を要求するので贈り物を買ってきて(何か贈ったら自分に配慮してくれるかと思ったらしい)」
「風呂から上がったときわざと濡れたタオルで体を拭く(自分が洗うタオルと拭くタオルを間違えただけ)」
「自分でしろっていう(これはあたりまえだ)」
「いつも血圧が200を超えて風呂に入れない(安定しない時もあるが結局は様子見ながら入浴して帰ってくる。第一そんなに血圧は上がらないw)」
「大声で叱る」「ギューッと押さえつける」「睨む」「食事を盗る」 
・・・┐(´∀`)┌ なんとか行かないでいい理由を考えてくる。

が、
今回過剰な「動けない」アピールのせいでデイの回数が増えた。

でもだからといって「浴槽をまたいだり立ち上がったりするぐらいはできる。デイにはいかない」と言えば、今後「動けない」アピールができなくなる。自分でやらねばならぬ。できるんならやれよ、ということになる。大事大事にしてもらえない。

・・・今彼女は大変なジレンマを抱えることになったのであります。はっはっは。 

comments(0) //