<< 今季のテレビ | main | 夏が過ぎ〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- //
秋分の日
「警察を呼ぼうかと思うんだけど」 来るなりいきなりなんのこっちゃ。ピンポンもせずいきなりドア開けて玄関に入り込む。 警察に電話するとか郵便局のお金とかパトカーとかぐちゃぐちゃ話はじめるがなんのこっちゃ全然わからん。 「話がわからないので息子さんに聞きます」と向こうの家にいって話を聞くと むかーしむかしその昔w、郵便局で多額の現金をおろした時に「あぶないから」と郵便局の人が親切にも警護を家までつけてくれたことがあったそうな。 で、本人曰く 「家にお金がなくなっちゃったからおろしにいくの」 「なんでなくなっちゃったんですか?」 「盗られたから」 「アタシに300万円とられたっていう件ですか?」 「そんなこと!! いった覚えがない!(怒り狂う)」 「ケアマネさんにも“アタシがお金持ってっちゃった”って訴えてましたよね?」 「(無言)」 「で、お金盗られたから警察に電話するんですか?」 「ちがうっ!!! お金下ろすから警察に電話してついてきてもらいたいの!!」 つまり昔々 警護してもらった記憶が突然湧き上がり、<それも勘違いしている。ついてきてくれたのは警察ではなく郵便局のガードマンかスタッフだろう。当時かなりのお得意さんだったはずなので。警察はそんなに暇ではないしそんなの仕事ではない。 今回郵便局にお金をおろしに行くので警察に電話してつきそってもらうという理屈らしい。 ・・・電話させたら面白いことになるかなと思ったが、多忙なおまわりさんに迷惑かけちゃいけないと思なおし、 「警察はそんなことはしない。そんなんで電話したら大恥かくことになる。 アタシがお金をとったとか、このごろとても勘違い発言が多いが、病気が悪くなってたりしないか? ちょっと心配なのでケアマネさんに相談させてもらう。」 と、言っちゃったわけですわ。 そしたら「自分はなんともない。元気だし、勘違いなんかしてない。頭ははっきりしてる。ケアマネさんに言うなっ!!」ととてもご立腹。 結局警察には電話しないかわりに(?)ケアマネさんに報告しないということで落ち着いたんだが、 「人のいうこと聞かない人」のいうことはアタシ、聞かないもんねーヾ(・∀・;)<あしたカッチリ報告します。

comments(0) // 1年前何してた? //
スポンサーサイト

- //
Comments
Comment Form